あなたの予想は?2014年W杯優勝国予想の投票はこちらから

2013年11月08日

フットサル スタミナないなら

フットサル、スタミナあるにこしたことはないのですが

久しぶりに運動することになったとか
年齢的にスタミナがない、という人もきっと多いでしょう。

スタミナをつけることができればそれでいいのですが
そんな簡単に走れるようになれないでしょう(>_<)

では、そういう場合どうしたらいいのか、というと
動き方をしっかり考える必要があります。

動き方の質を上げ、無駄な動きを少なくする。
一番後ろで動かない、というのはやってはダメです。

それなら、まだ前でピヴぉに入った方が良いでしょう
(プレッシャー激しくなるのでそれはそれできついですが)

または、
フットサルは交代が自由にできるので(タイミングは難しいですが)
バテル前に交代する、というのも大事な戦術です。

これはスタミナがある人も考えた方がいいと思うのですが
どのようにポジショニングすれば見方がパスを出しやすいのか
自分が受けやすく、次のプレイにつなげられるのか
そして、次はどのようなプレイをやろうとしているのか。

これをしっかりと考えて動く必要があると思います(自分も含め、ですが)

そして、そのプレイをするにはどのスペースを使うのか
そのスペースを使うのはどのタイミングが良いのか?

そのスペースを使うには、次のプレイをするには
ファーストタッチをどのようにするのがいいのか?
足の裏で止めるのか、少し転がして持ち出すのか?

考えることはたくさんありますね。


≪業界最安値≫WiFi使い放題で完全定額2880円!
posted by けん at 02:09| Comment(0) | フットサル 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

コートの広さ

フットサル場は色々なところにありますが

その広さもまちまちです。

公式サイズあるところもあれば、
本当に狭いところまで、さまざま。

それだけ広さが違うと
その広さにあった戦術を考えた方がいいかもしれません。

若くて、ガンガン走れる
っていう人なら広いコートの方がきっとやりやすいでしょうし
(ただ、サッカーのようになってしまわないように注意)

あんまり走れないチームであれば狭いところの方がいいでしょう。

これは、あくまで初心者〜中級者を想定した戦術ですが
広いところでやるならやはり走れないとつらいです。

また、広さがあるので、一人がドリブルで全部もっていく
なんてのは難しい(きつい)でしょう。

相手がそんなにうまくなくて、かつ、自チームの方が走力があるなら
極端な話、前に蹴って走っていけば意外と勝てるでしょう。

逆に、狭いコートであれば
走力の差は広いコートほどは出ません。

相手が少々走っても、パスを回せても
自陣に全員入って、中央をゾーンで守っていれば
簡単にやられることはないでしょう。

そして、相手がミスしたところでカウンター

自分のチームが走れるのかどうかで
コートの広さを選んで大会に出場する、なんてのも意識するといいと思います。

どの大会なら勝てそうか、なんて
戦略の部分から考えてみると勝率も上がるんじゃないでしょうか?
posted by けん at 00:44| Comment(0) | フットサル 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

パスを回す

ある程度フットサルをやっていて

次のステップに行きたい、と思うと

できるなら戦術としては

パスを回す、ということをしたいと思うのではないかと思います。

そのためにはどうするか、ですが

まずはチームの中で「パスを回す」という共通認識を作る必要があると思います。

それでいきなりできる、というものではないと思いますが

まず、取り組んだらいいと思うのが

パスを出したらすぐに次に動く、ということ

パスを出した人が必ず動くことでスペースを作り、他の人がそのできたスペースを埋めていく

というように連動して動くことを意識するといいと思います。

世界一わかりやすい! フットサルの授業
posted by けん at 01:14| Comment(0) | フットサル 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

格下のチームとの対戦

フットサルだけではないと思いますが

格下のチームと対戦する場合、当然相手は守りを固めてきます。

そして、

最悪のパターンが

単調な攻めになり、カウンターをくらい失点というものだと思います。

実際に自分の所属しているチームでもそういう流れになることがよくあるのですが

多いのが、プレッシャーがあまりないのをいいことに

みんなが上がってしまい、フィクソからパスを出そうにも

前に上がりすぎて、角度がなく難しいパスになってしまう、という状況。

そういう時はやはり足も止まっているので、ちょっとしたミスパスから

パスカット→カウンター。

数的優位を作られて失点。

そんなことになってしまいます。

なので、戦術として攻め急がない。

ある程度ゆっくりとパスを回し相手を引き出す、

もしくは、相手のポジションを動かしてスペースを作るようにパスを回す

こういったことが必要になると思います。

そうしたらチームの力も一段上に上がることができるのではないでしょうか。(願望)

【送料無料】フットサル戦術パ-フェクトバイブル
posted by けん at 01:10| Comment(0) | フットサル 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

フットサル戦術 カウンター

フットサルに限りませんが

格下のチームが格上に挑むとき

または技術が不足しているチームが採用するのに

有効な戦術としてカウンターがあると思います。

当然、しっかりとした守備が前提にあるのですが

重要なポイントが2つあると思います。

まずは守備から攻撃への切り替え

そして、

守備をどこからスタートするのか、ということ。

カウンターを狙う、ということは

ある程度相手を自陣に引き込まなければいけませんし

守備をしやすくするためにも

やはり、守備の開始位置をハーフウェイライン付近に設定、

それをチームの共通認識にする必要があると思います。

フットサル個人戦術バイブル (DVD付) (FUTSAL NAVI SERIES 17)
フットサル個人戦術バイブル (DVD付) (FUTSAL NAVI SERIES 17)
posted by けん at 21:20| Comment(0) | フットサル 戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メルマガ登録・解除
エンジョイ!フットサル
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


遂に勢ぞろい!ディズニー周辺の3つの豪華ホテル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。